段差解消機で玄関の段差を解消しよう

玄関に段差があるとそれだけで外出するのがとても大変です。健常者にとっては何でもない小さな段差であっても、体の不自由な人にとってはとても大変です。そんな段差を解消する為にお勧めするのが段差解消機です。玄関部分にこれを設置する事で、外出する事を簡単にする事が出来、大変お勧めです。段差解消機には様々な種類があるので、是非その場所に合ったものを使用していきましょう。そうする事で、移動をスムーズに行う事が出来、これまで不便だった移動を楽に行う事が出来ます。家の中に段差があるとそれだけで生活がしにくくなってしまいます。そんな段差を少しでも解消する事で、移動の出来る範囲を広げ移動を楽に行う事が出来るようになります。移動がスムーズに出来るようになれば行動の範囲も広がるので大変便利です。是非便利に利用してみましょう。

スロープを設置できないなら段差解消機を使う

一戸建ての場合は庭が設置されることがあります。大きな庭もあれば、猫の額のような非常に小さい庭もあります。最近の住宅ならほとんど庭がないようなこともあります。道路からワンステップですぐに玄関の場合もあります。3階建てなどにして床面積を確保することになります。車いすを利用する人が自宅にいるとき、車いすで自宅に入るときにスロープを付けることがあります。車いすで会談を移動することは出来ませんから、スロープなら何とか上がったり下りたりすることができます。しかし広い庭がないと設置することは出来ません。スロープが設置できるほど広くないのであれば段差解消機を使います。こちらなら車いすより少し広いスペースがあれば設置することができます。自宅外に設置することもありますし自宅内に設置することもあります。庭ないようなところでも設置することが可能です。

段差解消機は電動機式と油圧式がある

自動車などでは高速に走行しているために衝撃が伝わりやすくなる場合があります。その時にはサスペンションと呼ばれる装置を取り付けることがあります。ばねや油圧によって自動的に衝撃を吸収します。乗り心地を浴してくれる仕組みです。段差解消機には油圧式があります。下にいるときには最も伸びきった状態になりますが、上に引き上げるときに油圧気を縮めることで床を上昇させます。この時には電気が必要になる場合があります。降りるときには電気は必要とせず自然の力で下すこともあります。その他には電動機式があります。こちらは電気で駆動するタイプになります。エレベーターなどと同様にモーターなどによって床を上げたり下げたりします。油圧式は下げるときには必ずしも電気は必要としませんが、電動機の場合は上がるときも下がるときもどちらも電気が必要になります。

自社にて現場調査、設置、保守を全て一貫して行っております。 現場調査はすぐに行い、見積りもスピーディーに提出します。 施工実績が豊富なので現場での提案力が違います。 階段昇降機に関する知識や施工実績は誰にも負けません。まずはどんなものか聞いてください。 車椅子利用者の行動範囲が広がって、介助者の負担も軽減。 簡単操作で高齢者でも昇り降り楽々です。 一人で操作できる電動式なら介助者の負担も軽減。 省スペースでの設置可能な段差解消機はこちら