最初に市場調査とはどんなことかを解説します

市場調査は、マーケティング・リサーチとも言われ、企業にとって最も重要なマーケティング戦略構築のために必要な様々な調査活動を指す言葉です。マーケティング戦略は、商品やサービスを提供するに当たり、その分野のセグメント別需要を明確にし、また競合企業の実態を把握した上で、差別化された自社の商品戦略や販売戦略を構築するものです。このマーケティング戦略を構築するに当たり、不足する様々な情報を収集する調査活動であり、調査に当たっては何が不足する情報であり、何を調査するのかと言う目的をまず明確にした上で、自社または専門の会社に依頼して調査をする必要があります。この様に、市場調査はマーケティング構築のために不足する情報を集める手段であり、調査をすればそれで商品戦略やマーケティング戦略が構築できると言うものではありません。以下に具体的に主な手法とその特徴、そして注意点をまとめます。

市場調査の主な手法とその特徴について

調査方法の主なものとしては、アンケート調査、対面調査(1対1)、対面調査(1対グループ)、郵送調査、電話調査、インターネット調査等があります。アンケート調査は、基本的な方法ですが、調査を受ける側が安易に答えたり、逆に素直に答えなかったりと言うリスクがあり、また質問が誘導質問にならぬようにアンケートを作る必要もあります。対面調査は、調査員が調査対象者を1人ずつ、もしくは複数の人を相手に、ヒヤリング調査するやり方です。具体的な試作品等を提示して質問できる点や、じっくり聞く事が出来る利点もありますが、費用が掛かるのが欠点と言えます。郵送調査は、アンケートを郵送して回答をもらうもので、じっくりと考える時間を与える利点はありますが返送してもらえないリスクがあるのが欠点です。電話調査は、対面調査の良さを安く行う事が出きる利点がありますが、最近では固定電話を持たない人や勧誘や不審電話と誤解され、調査が難しい環境となっています。インターネット調査は、簡便であるメリットがあるものの、回答者が特定の世代等に偏る欠点があります。

市場調査をする際の注意事項について

実際に調査を行う際には、まず調査の目的を忘れない事が必要です。調査する事が目的化し、正しい調査から逸脱する様な調査とならない事が重要です。また、集めたい情報の精度を考慮し、調査対象人数を決め、その人数に応じてコストパフォーマンスを考えた調査手法を採用する事が必要です。不足する情報を調査開始する前に、既存の調査レポートが市販されていないかを調べる事も重要です。マルチクライアントを念頭にして調査された資料を調査会社から購入する方が、費用が安くつく場合があるのです。また調査を自社で行うか、調査会社に依頼するかも十分に検討する必要があります。自社で調査する場合には、主観が入りやすい欠点もあります。さらに、自社と調査会社のいずれで行うにしても、質問内容は十分に考え抜き、欲しい情報が確実に得られるものとする事も大切です。その上で、調査はマーケティング戦略構築に使われなければ、価値がない事を忘れず、もし調査結果が仮説と違っていたなら、無視するのではなく、戦略転換に活かすべきと言えます。

お見積り・資料請求ならお気軽にご連絡くださいませ。 市場性調査を行い、市場規模の推移、メーカーシェア、価格動向、将来見込み、市場参入障壁などを明らかにします。 少子高齢化・介護・福祉業界の実績も増えております。 BtoBのヒアリング調査を得意とし、定量調査では入手できない現場の[生の声」を収集できます。 自動車、環境、IT、農林水産業界などの実績があります。 市場調査でデータ取得から解析までお受けします