マーケットに役立つ市場調査のメリットや必要性の紹介

市場調査が重要だとよく聞くものの、実行できていない企業は多いです。「そんなことをしなくても、商品・サービスは売れているのだから、うちには必要がない」と思っている人もいるでしょう。しかし、市場調査をきちんと行なうことで、売り上げが何倍にもなったら嬉しいはずです。もちろん、正しく実践できている企業が少ないだけあって、ある程度の慣れやコツが必要です。また、正しくデータを収集して、そのデータから売り上げアップに必要な情報を引き出せなければ、時間と労力の無駄になってしまう可能性はあります。誰でもすぐに有効に活用できるという代物ではありませんが、一度コツを掴んでしまえば、その効果は計り知れません。自社の業績をブレイクスルーさせる、きっかけにもなりえます。

お客様を理解すれば、根拠をもって対策が打てる!

そもそもあらゆる企業活動は、お客様を理解することが出発点です。例えば、相手のことをよく知らない状態でラブレターを書いて、渡したところで相手の心に響くでしょうか。これと同じことが企業活動にも当てはまります。自分では良かれと思ってやっていることでも、お客様は何とも思っていない……ということは少なくありません。理由は、お客様の求めていることを、正しく理解できていないからです。そこで、お客様について調べる必要がでてきます。どこの会社も行なっていることだからと、DMを送付する。取扱商品の幅をもっと広げた方がいいのではないかと思って、商品ラインナップを変更する。市場調査を実施すれば、こういった行き当たりばったりの施策ではなく、明確な根拠をもって、打ち手を施すことができるようになります。

ニーズを把握することで得られるメリットとは?

確信をもって、さまざまな対策を講じられるというのは、あらゆる企業活動にとって重要なことです。お客様の考えていること、欲していることをより深く理解すると、色々なメリットがあります。例えば、商品のラインナップを変更したり、商品の中身を変える際にも役に立ちます。今は白色と黒色の商品しかないけれど、赤色があれば買いたい。この付属品ではなく、こちらの付属品をセットにしてほしい。場合によっては、もう少し値段が高かったら、送料が無料になるので買いたいといったケースさえあります。また、毎月送られるDMを必要としていない人は多いです。しかし、DMに記載される内容が変わることで、リピーターが生まれたり、購買を促したりできる場合もあります。市場調査を正しく実施できていると、お客様の考えていることとのズレを減らすことができます。その結果、売り上げアップにつなげられます。