最後に市場調査を行うにあたって気をつけたいポイントなどを紹介

企業が新たな商品やサービスを開発する場合、あるいは投入する際などに市場調査を行うことがあります。これはどこにどのような需要かあるのか、どんな要望があるのかなどを把握できるものです。その目的も方法も数多くあるので、まずは何を目的とするのかを明確にする必要があります。さらに注意したいのが、調査によって本当に必要とする情報が得られるのかということです。これは調査に協力する人が、どのようなモチベーションで答えるのかによって有益性が異なるからです。単なるアンケートとクレームの受付では、真剣度が違います。できる限り有益性の高い結果が得られるような方法を考えることが必要と言えます。市場では欲しいと思う商品と購入できる商品は異なるということを知っておく必要があります。

市場調査には2つのパターンがある

市場では何を求めているのかを調査する場合、2つのパターンがあることも知っておく必要があります。まずは事実のみを集計するというパターンがあります。これは何を求めているのか、どんな課題を抱えているのかを明確にすることです。あくまでも対象者が思いつく範囲内の結果しか得られないのが特徴です。それに対して調査する側がある程度の仮説を立てて行う方法があります。こんな商品やサービスがあれば欲しいと思うかといった内容になります。消費者が想像もしていないことに対して、どの程度の需要があるのかを調べることになります。事実の調査よりも真実に近づく可能性が高いものですが、適切な仮説設定ができるかどうかがポイントになります。また事実の調査に関しても、バイアスがかからないような設問が必要になります。

結果に偏りが出ないようにすること

市場調査で最も大切なことは、結果にバイアスがかからないようにすることです。いわゆる偏りが出ないようにするわけですが、設問によっては結果に偏りが出てしまいます。例えばこのような商品があれば欲しいかどうかと問いかけると、大抵の人は欲しいと答えます。では、実際に購入するかどうかと尋ねると、違う答えが出るものです。購入金額によっては、欲しくても買えない人がいるからです。質問内容によっては答えを誘導することにもなるので、注意が必要となります。またエリアによってもバイアスがかかるケースがあります。そのために適切な対象の選び方をするという課題が出てきます。どんな年齢層やセグメントを調査対象とするのか、十分に考慮することが大切です。また調査を行うサービスの選び方も大事です。