自宅介護で役立つ段差解消機

近年はバリアフリー住宅がたくさん建築されていますが、以前はバリアフリーという考え方が乏しく、家屋の内外に段差がたくさん存在しているケースが珍しくありませんでした。しかし高齢化社会の影響により自宅で介護を行う家庭も増えており、家屋内外の段差の解消が一つの問題となっています。家屋全体をバリアフリーにリフォームすれば段差問題は解消されますが、必ずしも全ての家庭で大規模なリフォームが出来るわけではありません。そこで活躍してくれるのが段差解消機です。段差解消機はリフォームよりも手軽な工事で設置することができ、しかも問題となっていた段差もしっかり解消することが可能です。階段部分に設置できるタイプもあるので、これを利用すれば2階建て以上の家屋でも介護の負担を減らすことが出来ます。介護を担う家族にとっての負担も大幅に軽減されるので、各所に段差がある家屋で介護の必要が生じた際は設置を検討してみることをお勧めします。

電気を使わないタイプの段差解消機

電気を使う仕組みを使って生活が便利になるのはいいことです。しかしあまり電気に頼りすぎると怖いこともあります。もし電気が通らない状況になったとき、停電になったとしたら当然のことながら使うことができません。長期的に使えなくなることも考えられます。段差解消機を導入するとき、一般的にはボタンなどで操作ができる電気式を使います。自宅内から電気を取り、その力で上下をさせます。電気を使いますから電気を使えないときには使うことができません。使っているときに停電になると途中で止まることもあります。全く電気の力を使わない手動タイプがあります。まずはハンドルで回すタイプです。ハンドルを回すことで少しずつ上下のコントロールができます。ハンドルを回すよりも楽なのが足踏みタイプです。どちらも利用者が行うより介護者が行うのを前提に作られています。

介護が必要な方のことを考え、段差解消機も必要です

高齢化社会が進んでいることで、介護が必要な方もたくさんいます。介護が必要な方の暮らしを考える時に、車いすでの移動が必要になる方もいるため、きちんと設備を整えることも重要です。家の中を車いすで移動できるように、段差を考えることも必要になります。介護が必要な方が車いすで安心して移動ができるようにすることも重要ですし、家族がサポートする場合も、身体の負担を軽減できるようにすることも大切です。介護で腰痛に悩む方もいるため、難しい作業を機械に頼ることもポイントになります。玄関の場合、どうしても段差があり、車いすを使う時に、力仕事が必要になるケースもあります。そんな時に、段差解消機があることで、車いすを使う方のサポートをしっかりと行うことができ、介護のサポートをする方にとっても、安心できます。出入りがしやすいように、段差解消機があると役立ちます。