階段に段差解消機を設置しよう

自宅に階段がある場合、足の不自由な人にとって移動はとても大変なことです。そんな時、お勧めするのが段差解消機です。階段部分に段差解消機を使用する事で移動をスムーズに行う事が出来ます。この階段に使用をする段差解消機は、階段部分に設置をする事で、座って移動をする事が出来るようになります。その為、他の人の手を借りること無く移動をスムーズに行う事が出来ます。またこれまで介助する側も、大きな労力を使っていましたが、移動を簡単に行う事が出来るので労力を使わなくても移動を楽に行う事が出来ます。やはり階段を移動する事は体の不自由な人にとって本当に大変なことです。登る際も降りる際も労力を使ってしまうので、しっかりと段差を解消していく必要があります。その為には、便利な福祉機器を上手に取り入れて、生活を快適にしていきましょう。

車いすの方も、段差解消機で楽々です

これから先の日本は、益々高齢化が今まで以上に進み、それに伴い車いすに頼って、移動する事を余儀なくされる方も、増えて行くのではないかと思われます。その様な中、今でも、日本の家屋は、比較的段差が多く、車いすに対応して造っている家は少ないように感じられます。それは、住宅だけに限らず、お店などに関しましても、同様のことが言えるように思われます。中には、緩やかなスロープなどを付けている所も見かけますが、それでも、一部分にしか過ぎないように思われます。それに、スロープということになりますと、ある程度の、余裕の面積が必要になるので無理な場合が多いと思われます。そこで、段差解消機という昇降機の様な機会が重宝されるのではないかと考えます。ほんの少しの段差から、数メートルの段差迄、楽々と、設置出来るという優れモノです。

段差解消機があると車いすでの移動が可能

足が不自由になったときには移動のための補助具があると生活がしやすくなります。何とか歩けるぐらいなら杖を使ったり、手押し車などを使うことになります。しかし移動が大変困難な場合、立つことができない状態だと歩くのは困難になります。では車いすを使うときに家からどう出てどう入るかです。道路から自宅までまっすぐ平らなケースは少ないです。それだとどんどん砂が入ります。水害のときにもすぐに水没してしまいます。それを防ぐためにも道路よりも少し高めになっています。道路から庭、庭から玄関に入るときなどは段差があるのでどうしても車いすのままでは入れない状態ができます。そこで段差解消機を利用します。低いところから高いところに車いすごと上げてくれます。上げるだけでなく下げることもしてくれるので自宅内に自由に出入りできるようになります。